いい家庭教師って?

いい家庭教師って?

受験対策の為のいい家庭教師とは、何なのでしょう。家庭教師自身が指導できる力を持っているのが基本となります。それでいて努力家で真面目で、礼儀正しく、誠実な人あることはもちろん大事だと思います。

でも、残念ながら中には、指導力がなかったり、指導中に携帯電話で話したり、不適切な態度で生徒に関わる家庭教師もいるようです。そういう不適切な家庭教師をなるべく避けて、いい家庭教師に来てほしいものですよね?

でも、どんな人に頼めばいいのか分からない場合にはとりあえず家庭教師を家庭教師センターに依頼してみることです。 良い家庭教師センターと良くないセンターを見分ける必要があります。次のような下記のチェック項目を参考にして、実際に複数の家庭教師センターに電話してみて、納得したセンターから家庭教師を探してみましょう。

いい家庭教師センターの特徴

 料金関係

料金が月払い制で、入会金などの入会時費用がかかり過ぎないのが特徴。また、料金欄に「から」や「〜」がなく、料金がしっかりと明記されていて、ホームページなどで公開しています。退会時に違約金が発生しません。

 本部関係

営業担当者が社員で担当者が変わらなくて、かつ、担当者が経験豊かできちんとした「教育観」があり、保護者だけでなく子ども本人にも家庭教師自身にも会ってくれます。教師からの「報告書」などを活用して戦略的授業展開を実施し、教師を選ぶ「選択眼」があります。

また、学習方法等に関して、担当者が具体的な提案をするのと同時に、現状を認識し、率直に意見を言ってくれます。

 入試関係

情報量・収集力が豊かで担当教師への提供するシステムがあり、塾同様に、模擬試験を実施しています。また受験データなどの各種教育情報を提供してくれます。受験対策ならこれらのサポートが整っている家庭教師がいいでしょう。

良くない家庭教師センターの特徴

 料金関係

教材販売を行っていて、料金がチケット制もしくはローンで、入会金などの入会時費用が高く、退会時に違約金が発生します。また、料金をホームページで公開していないのと同時に、料金欄に「から」や「〜」があり、実際の料金がいくらか分かりません。宣伝で「月1万円」などありえない金額を謳ったり、営業マンが説明に来るだけで料金をとるようです。

 先生関係
登録教師数が少なく、高学歴の家庭教師や「中学受験経験者」など特定の登録教師が少ないです。
また、「○○大△△」という名前ですが、実際には○○大の学生以外も派遣していたり、「○○大生中心」など「中心」という言葉がついています。

同時に、「プロの派遣」と言いながら、実際には職業家庭教師ではなく、単なる社会人の場合があるため、ノウハウが少なく、家庭教師の時間以外の学習管理と計画を行いません。

 本部関係

営業担当者が学生だったり新入社員である場合や、営業担当者がころころ変わります。担当者に「教育観」がありません。営業担当者が生徒や家庭教師本人に会わないにも関わらず、親御さんの前でごますりをします。

また、実際に指導中の家庭教師からの「報告書類」が月一回しか本部に届いていません。営業担当者に教師を選ぶ「選択眼」がなく、学習方法等に関して、担当者が具体的な提案をせず、システムの説明のみをする場合です。

 入試関係

情報量・収集力が少なく、模擬試験を実施しません。また、受験データなどの各種教育情報を提供してくれません。